紫外線はしっかり防ぐ

若いうちは綺麗な肌も長い年月を重ねる事によってどんどん劣化していきます。特に目立つのがシミの増加で、若いうちはその兆候も全く見られないにも係わらずある程度年齢を重ねるとどんどんシミが増えてきてしまいます。そうしたシミの増加を防ぐためには若いうちから紫外線を受けないようにすることが大切なので、歳を重ねても綺麗な肌でい続けるためにも紫外線はしっかり防ぐようにしましょう。

 
紫外線を防ぐためにはとにかく太陽光に直接肌に当てないようにしなければなりません。特に若いうちは日焼けも気にせず陽に当たることがほとんどなので、なるべく早いうちから日焼け止めを塗るなどの対策を始めるようにしなければなりません。夏場は日差しも強い分積極的に日焼け対策をするかと思いますが、冬も紫外線は照射され続けているので、冬でも長い間外に出るときは日焼け止めを使用するようにしてください。

 
紫外線はすぐに日焼けしたりするだけではなく、皮膚の深いところにまでダメージを与えます。しみの原因はこの深くにまで浸透したダメージによって作られたメラノサイトが蓄積したメラニン色素を大量に作り出すことによって引き起こされるので、日焼け止めなどによって紫外線をしっかり防げば、年齢を重ねても綺麗な肌でい続けることが出来ますよ。

Comments are closed.