ホルモンバランスの異常が原因?

綺麗な肌は普段の生活の中でどれだけダメージを防ぐことが出来るかどうかで維持できるかどうかが決まってきます。シミの出来具合もそうしたダメージ量が深く関係しており、時には肌に与えられるダメージ以外の原因でシミが出来ることもあります。例えばホルモンバランスの異常も肌のダメージ以外のシミの原因の一つで、ホルモンバランスが何らかの原因で崩れてしまったときにしみが出てくるのだそうですが、一体どうしてホルモンバランスの乱れでシミが出来るのでしょうか。

 
人間のホルモンは身体を構成する様々な要素に深く係わっており、ホルモンバランスが乱れると身体に様々な異常が発生します。シミが出来るのは色素細胞の活動が関係しており、ホルモンバランスが崩れる事によって色素細胞が活発に動き出すとシミの原因となるメラニンが大量に発生してしみを作ってしまうのだそうです。さらにホルモンバランスの異常は体内の活性酸素量の増加にも係わっており、活性酸素によって肌の老化が促進されて更にシミができやすい状態になってしまうので、ホルモンバランスの正常化は綺麗な肌には絶対に必要になります。ホルモンバランスを崩さないためには毎日しっかり眠るようにしたりストレスを溜めないようにするなど普段の生活に気を配るようにしてください。

Comments are closed.